独身だから保険は結婚してからでいいよ、今は給料が少ないからちょっと・・・・
とお考えの方・・・でもちょっと考えてみて下さい。
もしもあなた様に万が一のことがあってお亡くなりになったり、大怪我をしたり、病気で長期入院という事態になったら・・・
やっと息子・娘がひとり立ちしたからこれから老後のお金を貯めようかといったご両親の将来の夢や計画が、治療費の支払で果たせなくなってしまうかもしれません。
あるいは、せっかく彼女・彼氏との結婚を夢見て貯めたお金が一瞬で飛んでしまうかもしれません。
でもそんなリスクは生命保険でカバーしておけば大丈夫、しかもまだ若いので安い保険料で加入でき、その保険料が続きます。
また、将来の不意の出費や老後資金の形成にも生命保険は役立ちます。
合理的な保障をファイナンシャルプランナーのTIPグループのスタッフがご提案いたします。

【 独身の方の保険加入イメージ 】





ご結婚され新しい生活のスタート、将来の計画もいろいろおありと思います。
まずは将来のライフプランを計画するためのキャッシュフロー表を作成することをお勧めいたします。
子供が生まれたとき・家を購入するとき果たしてどのくらいお金が必要になってくるのか・・・
ファイナンシャルプランナーのTIPのスタッフがお客様の将来設計のお手伝いをさせて頂きます。
通常、一般的に大きな保障は子供が生まれるまで不要ですが、万が一のケガや病気についての保障を手厚くしておいた方がよいでしょう。

【 新婚家庭の保障のイメージ 】

ご主人様・奥様ともに

もし一家の大黒柱であるご主人様に万が一のことがあったら・・・
ご主人を失った悲しみだけでなく・・・
その際に何の備えもなかったら・・・
経済面においても・・・
残された奥様の苦労は計り知れないものに・・・

そして何よりお子様の人間形成に大きな影響を及ぼすことになります。
では一体どのくらいの保障を準備しておけば、残された家族が不自由なく生活できるのでしょうか?
まずは必要保障額を算出してみましょう。
算出した金額にあわせて保険を組み立てればいかなる状況になったとしても、家族を守れる合理的なオーダーメードの保険ができます。
ファイナンシャルプランナーのTIPのスタッフがお手伝いいたします。

【必要保障額のイメージ 】

年だからもう保険は無理だろうとお考えの方、あきらめる事はありません。 保険会社によっては70歳代のお方でも万が一の死亡保障(終身保険・変額終身保険・定期保険等) 入院や治療に備えた医療保険・ガン保険にご加入していただけます。 また、健康面で不安・経歴があるからといって、一切保険に加入できないというわけではありません。 特別条件付契約・部位不担保といった形で加入できる場合があります。 保険の加入をあきらめかけている方、一度タックスイノベーションのスタッフまでご相談ください。

現在の日本は周知のように急激な速度で少子高齢化が進んでおります。
バブル崩壊後の失われた10年・超低金利という経済状況下において、今後国や企業によってご自身の老後が完全に保障されることはありません。
自己責任で老後資金を作る必要があります。
ですがご心配なく、長期投資に対するノウハウ(課税の繰り延べと複利成長の効果・ドルコスト平均法など)を身につけて一定の期間をかけて少しずつ積み立てていけば大きな成果を生み出し資産の形成が図れます。
また、長い期間であればリスクをとっても大きなリターンが得られるということが過去のデータからも裏付けられています。→年平均収益率
アセットアロケーションの手法等を組み入れればさらにリスクは低減され効果が期待されます。
有効な対策として変額年金保険・投資信託等があります。

【 課税繰り延べ効果のイメージ 】

※ 分配金課税 : ここでは毎年の利息から税金を引いて再投資することをいいます

【 ドル・コスト平均法のイメージ 】

【 年平均収益率のイメージ 】

【 アセットアロケーションのイメージ 】

【 PR 】

税理士 ホームページ制作 新潟 会計事務所 埼玉のインプラント 開業支援