生命保険

死亡保障

定期保険

一定の保険期間内に死亡したときにのみ死亡保険金が支払われる、掛け捨ての死亡保険です。
保険期間満了まで生存していた場合、満期保険金は支払われる契約は消滅します。

※ 生命保険会社により、商品の仕組みや保障内容、保険期間が異なる場合がございます。
くわしくは、TIPのスタッフにご確認下さい。

定期付終身保険

終身保険に特約として定期保険を上乗せしたものです。
定期保険特約部分には保険料払込満了まで継続する「全期型」と、定期保険特約部分を10年・15年などの期間で更新していく「更新型」があります。

※ 生命保険会社により、商品の仕組みや保障内容、保険期間が異なる場合がございます。
くわしくは、TIPのスタッフにご確認下さい。

終身保険

被保険者が死亡したときにのみ保険金が支払われる、一生涯死亡保障が続く保険です。
保険料の支払方法は、一生涯払い続ける「終身払」、一定期間で満了する「有期払」があります。
普通、定年までに保険料の支払いを終了する「有期払」にするケースが多いようです。

※ 生命保険会社により、商品の仕組みや保障内容、保険期間が異なる場合がございます。
くわしくは、TIPのスタッフにご確認下さい。

変額保険

株式や債券を中心に資産を運用し、運用実績に応じて保険金・解約返戻金の額が増減するハイリスク・ハイリターン型の保険。
保険期間が一定の「有期型」と一生涯保障が継続する「終身型」があります。
死亡保険金は、毎月、解約返戻金は毎日、運用実績により変動します。
死亡した際には基本保険金+変動保険金が受け取れますが、基本保険金は運用実績に関わらず保障されるので、変動保険金がマイナスになった場合でも基本保険金は受け取れます。
解約返戻金や満期保険金には最低保障がありません。


※ 生命保険会社により、商品の仕組みや保障内容、保険期間が異なる場合がございます。
くわしくは、TIPのスタッフにご確認下さい。

老後・貯蓄保障

養老保険

保険期間が一定で満期になると満期保険金が支払われ、保険期間中に死亡した場合、満期保険金と同額の死亡保険金が支払われる保険。

※ 生命保険会社により、商品の仕組みや保障内容、保険期間が異なる場合がございます。
くわしくは、TIPのスタッフにご確認下さい。

個人年金保険

ご自身の老後生活資金を確保するための保険で、貯蓄性を重視した保険です。
契約時に定めた一定の年齢から年金が受け取れます。


※ 生命保険会社により、商品の仕組みや保障内容、保険期間が異なる場合がございます。
くわしくは、TIPのスタッフにご確認下さい。

変額個人年金保険

株式や債券を中心に資産を特別勘定で運用し、運用実績に応じて年金や解約返戻金の額が増減するハイリスク・ハイリターン型の保険。
生命保険会社の中には、特別勘定内に複数のファンドを設定し、契約者がファンドの種類や繰入比率を任意に指定できる商品を販売している会社もあります。

※ 生命保険会社により、商品の仕組みや保障内容、保険期間が異なる場合がございます。
くわしくは、TIPのスタッフにご確認下さい。

学資保険

親が契約者・被保険者、こどもが被保険者になり、入学や進学の時期に「祝金」、満期時に「満期保険金」が
支払われます。
また、保険期間中に親が死亡した場合は、以後保険料の払込は免除されます。
(一時金や育英年金が支払われるタイプもある)

※ 生命保険会社により、商品の仕組みや保障内容、保険期間が異なる場合がございます。
くわしくは、TIPのスタッフにご確認下さい。

医療保障

医療費について

医療費と言っても病気にかかって入院してみなければ、いったいどのような費用がどのくらい発生するのかは、実際にはよくわからないものです。
医療費以外にも発生する経済的負担もあります。
入院時の支出内訳を理解する上でお役立てください。


※ 健康保険診療範囲内の自己負担が同一月内で72,300円を超える場合は、高額療養費の還付金があります。
高額療養費の支給制度は、所得や病気などにより異なる場合があります。

死亡原因

現在、三大成人病(がん・心筋梗塞・脳卒中)に関するいろいろな保険商品がでています。
それらは近年の死亡原因トップ3を占めています。
がんによる死亡者数においては1970年の2倍以上も増加しています。

※ 図中の%値は、死亡全体に占める割合です。出典:厚生省 1998年人口動態統計

病気にかかるといくらかかるの?

実際病気にかかるといくらかかるのでしょうか?
病気になったときいくらぐらいかかるかのは、保険加入を検討するうえで非常に気になります。

※ 健康保険診療範囲内の自己負担が同一月内で72,300円を超える場合は、高額療養費の還付金があります。
高額療養費の支給制度は、所得や病気などにより異なる場合があります。
上記医療費および高額療養費の支給制度は一例であり、医療機関・所得・病名などにより異なる場合があります。
自己負担割合については、国民健康保険の一般被保険者および老人保健の被保険者の場合では異なります。
また、医療機関・症状などによっても異なります。

医療保険

病気やケガなどで入院したり、所定の手術を受けた場合に給付金が支払われる保険です。
多くの医療保険は一定の保険期間を定めた定期タイプですが、一生涯保障の終身タイプもあります。

※ 生命保険会社により、商品の仕組みや保障内容、保険期間が異なる場合がございます。
くわしくは、TIPのスタッフにご確認下さい。

がん保険

がんにかかったときの保障に重点をおいた保険。
がんと診断された時に診断給付金や入院給付金等が支払われるなど、手厚い保障がえられるのが特徴。

【 PR 】

ホームページ制作 税理士 新潟 会計事務所 インプラント 埼玉創業支援